男の人

リバースエンジニアリングで得る設計データ|歯科が注目するセレック

技工所いらずで治療できる

メンズ

審美歯科などで現在多く導入されている機器といえば、セレックです。3D光学カメラで歯の状態をスキャンし、セラミックブロックを使うことで、歯科技工所に依頼せずにセラミックの歯を作ることができます。コストを安く済ませられる上、時間も掛からないので質のよい治療を行なえます。

View Detail

電波の検査が行なえる

スペクトラム

コードレス機器の普及やクラウドシステムの利用に伴い、無線機能がついた機器の需要は伸びつつあります。しかし、無線による電波は人の目には見えないものであるため、調べるのは難しいものです。スペクトラムアナライザを用いれば、電波強度や周波数変換された信号もしっかり検査できます。

View Detail

精巧な設計データを得る

工場

機械製品などの製造や開発を行なう現場では、リバースエンジニアリングによるサービスが利用されることが多くあります。多くの人がイメージするリバースエンジニアリングの業務といえば、システム関連の解析でしょう。他社のヒット商品との互換性が高い付属品を作る上で不可欠な技術であり、消費者にとっても既存の商品を安く便利に使えるパーツなどが手に入るので、リバースエンジニアリングの技術はものづくりの現場にとって欠かせないのです。製品開発の現場では、金型やトムソン加工による木型で作った型を修正した場合に依頼できます。リバースエンジニアリングの会社では、製品データを図面のデータに落としこむサービスを行なっているので、修正した金型のデータを工場に送ることで、すみやかに製品の量産体制を築くことができるでしょう。また、本社から完成品の現物を送られた工場が、量産のために設計図を作成したい場合にも、リバースエンジニアリングのサービスによってすぐに精巧な設計図を作ってもらうことができます。IT関連の業務だけでなく、ものづくりの現場でもリバースエンジニアリングの技術は利用できるのです。

リバースエンジニアリングの会社では、専用のコンピューターを使っての3Dスキャニングによって、製品のデータの落としこみを行ないます。完成品の製品を分解することなく、設計図の作成を行なえるので、傷や破損を付けたくない貴重な製品の設計図も作成してもらえます。また、スキャニングの精度は非常に高いので、ノギスなどで測れないほど細かな寸法を測り、精巧な設計データの作成を行なってくれます。型の細かな改善を行なうために利用ができるほか、工場で作られた製品が設計図通りに作られているか、検査する目的で活用する会社も多いのです。リバースエンジニアリングの会社では出張での依頼も請け負っているので、自社では動かせない大型の機器のスキャニングも行なってくれます。小型の製品だけでなく、大型の工業機械の設計データを作ってもらいたいとする会社も依頼できるでしょう。

立体物の加工ができる

金属

トムソン3D加工では、打ち抜き加工によって安く迅速に製品の試作を作ることができます。これまでトムソン加工では薄いフィルムやシートなどの加工にしか適さないと思われていましたが、トムソン3D加工は立体物の加工も可能であるため、依頼すればコストダウンや納期短縮に繋げられます。

View Detail