作業員

リバースエンジニアリングで得る設計データ|歯科が注目するセレック

立体物の加工ができる

金属

製品開発を行なう場合、必要となるのが型を作ることです。試作の型を作り、量産が可能となれば型を使って量産を行なうことができます。新製品の開発を行なう部署において、もっとも重要となるのが、安く精度の高い型を手に入れることでしょう。適したデザインや機能性を発揮する製品を作るには、多くのタイプの型を作って比較する必要があります。しかし、たくさんの型を作るとなればその分費用は掛かるので、会社にとって大きな負担となるでしょう。また、製品開発を行なう部署では、与えられた開発期間までに製品を完成させるというプレッシャーが常に掛かっています。期間が伸びればその分会社全体の負担となるので、すぐに製品を完成させるには、迅速に型を作ってもらう必要があります。安いコストですぐに型を作ってもらいたい場合、トムソン3D加工を製作所に依頼するとよいでしょう。木型にトムソン刃を組み込み、打ち抜き加工を行なうことでさまざまな型を作ることができます。クッキーの型を作るように簡単に製品の方が作れるので、安く素早く量産することができます。トムソン3Dは、コンピューターを使った3Dスキャン技術によって加工できるので、立体物への打ち抜き加工も可能となっています。

通常、立体物の型を作るとなれば、職人が木型や金型、樹脂などの型を削って作成するものでした。打ち抜き加工を行なうトムソン型は、フィルムやシートなどの薄い加工品の型しか作れないのでは、と多くの人は考えるでしょう。しかしトムソン3D加工では、コンピュータースキャンによる最先端の技術を組み合わせることで、今まで作成できなかった段差や3D形状を打ち抜きで作ることができるのです。トムソン3Dであれば立体物の試作や量産もより迅速に行なえ、作業工程を減らすことでのコストダウンも行なうことができるでしょう。製品の試作を依頼する場合、従来の木型や金型だけでなく、製作所にトムソン3Dでの加工が行なえるかどうかも尋ねてみるとよいでしょう。