作業員

リバースエンジニアリングで得る設計データ|歯科が注目するセレック

技工所いらずで治療できる

メンズ

審美歯科で行われている治療法といえば、セラミッククラウンなどの治療法が挙げられます。歯の周囲を削り、セラミックを被せることにより、美しい人工の歯を得ることができるのです。セラミッククラウンは健康的な白い歯が得られる上、歪んで生えた歯に被せることで歯列の乱れを改善することができるので、ホワイトニングと歯列矯正の二つの効果が得られる治療法となっています。しかし、このセラミッククラウンなどの治療法を行なう場合、患者さんの歯列の形状に合わせたセラミック製の歯を作成する必要があります。歯科技工所に依頼することで、セラミックの歯を作成してもらうことはできますが、問題となるのが費用と時間です。技工所に作成依頼をするとなると、当然歯科にとってコストの負担が掛けられるので、治療を希望する患者さんの治療費も高額にならざるを得ません。また、依頼してから時間が掛かるのも問題であり、患者さんの中にはすぐにコンプレックスを解消したいとする人や、大事なイベントに間に合わせたいとする人もいます。自分のクリニックですぐにセラミッククラウンの歯を作れれば、と考える人も多いでしょう。そういった人におすすめできるのが、セレックと呼ばれる機器です。ドイツで生まれたこのセレックは、歯科でのセラミック治療をたった一日で行なうことができる優れた治療機器です。

セレックは、歯へのセラミック治療を目的としたCAD、CAMシステムです。治療を行ないたい患部をカメラでスキャンし、3Dデータとして入力した後、データを元にその場でセラミックの歯を作成することができます。歯科技工所に依頼をすれば、人件費なども含まれた高額な費用が必要となりますが、セレックであれば自分のクリニックでセラミックの歯を作れるので、コストカットを行なうことができます。データ入力と作成はほぼ一日で完了するので、急ぎの患者さんにも対応することができるでしょう。セレックで作られた歯は、セラミックブロックを使った精巧な歯であるため、見た目のよさはもちろんのこと、耐久性も高い優れた歯となります。